小児歯科

小さいときから歯科診療を受ける重要性

小児歯科では、乳歯が生え始めた幼児期からすべての歯が永久歯に生え替わる学童期までのお子様を対象に診療を行っています。お子様の歯は大人の歯よりも柔らかく、デリケート。虫歯になりやすく、治療後もケアを怠ると再発しやすいのが特徴です。再発を含む虫歯予防のために有効なのが、ご家庭でのケアとあわせて定期検診においてフッ素塗布やシーラントなどの予防処置を行うこと。お子様の歯を健やかにはぐくむ場として、親子で気軽に歯科医院を利用しましょう。

 

山野井歯科医院の小児歯科への取り組み

◇◆ラポールタイムについて◆◇

当院では、お子様が歯科診療に対して恐怖心を抱かないよう、「ラポールタイム」を設けています。ラポールはフランス語で直訳すると「橋をかける」という意味。相手と自分との間に橋がかかった状態というのは、心が通じ合っているということをあらわし、患者さんが医師を受け入れている、信頼しているということをあらわしています。
当院は十分な時間を取り、医師とお子様との間にラポールを築くことで、歯科医院に慣れ、安心して治療を受けていただきたいと考えています。時にはその日がラポールタイムだけで終わることもありますが、それぞれのお子様のペースで時間をかけて治療にあたります。
 

◇◆保護者の同席もOK◆◇

治療時、お子様一人では不安な場合には、保護者の方に同席していただくことも可能です。遠慮なさらずにお申し出ください。
 

◇◆がんばったら、うれしいご褒美が待っています◆◇

治療後には、がんばったご褒美としてお子様に消しゴムを差し上げています。また、治療後には写真撮影を行い、次回の定期検診時に写真をプレゼントしています。
 

◇◆女性医師による診療も可能です◆◇

当院の副院長は女性ですので、お子様にとってより優しい治療が可能です。ご希望の方はお気軽にお申し出ください。
 

◇◆たくさんのお子様が来院されています◆◇

treatment_child_03.jpg院内の掲示板には、治療後のお子様の写真がたくさん貼られています。写真の中の笑顔を目にしたお子様が、「みんな治療をがんばっているんだな。よし、自分もがんばろう!」と前向きな気持ちで治療に取り組んでいただけたら非常にうれしく思います。

 

 

小児歯科での予防処置

お子様の歯を虫歯から守るため、当院の小児歯科では次の予防処置を行っています。

ブラッシング指導 正しい歯みがき方法を身に付けていただき、清潔な口腔内環境の維持を目指します。
シーラント 虫歯になりやすい奥歯の溝に樹脂を詰めることで虫歯を予防する処置です。
フッ素塗布 定期的に歯の表面にフッ素を塗布することで、歯質を強化し虫歯を防ぎます。

 

prevention.jpg

 

ママになったら注意しましょう ~妊娠中の歯科治療~

妊娠するとホルモンなどの働きによって女性の身体は大きく変化し、口腔内の状態も変わります。まず、唾液の分泌量が減少することで酸性度が高まり、通常よりもプラークが溜まりやすくなります。また、食生活や嗜好も変わるため、甘い物を食べる機会が増えたり、食べ物を口にする時間が不規則になったりすることも。このような口腔内の環境変化があるからこそ、妊娠中は虫歯や歯周病への注意が必要です。お口に少しでも違和感があったら、お気軽に当院までご相談ください。